東京・渋谷の健康診断|ヒラハタクリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

健康診断日誌 2011.06.22 看護師さんの誕生日
なんだかいきなり夏になりましたね。
今週はうちの看護師さんが2人誕生日。
明日事務長にケーキを買ってきてもらいます。
 
健康診断・人間ドックなら渋谷駅前の東京健康診断センター。女性技師による検査も提供。
投稿者 医療法人社団 創友会 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
健康診断日誌 2011.06.16 挿入法のトレンド

先日、消化器内視鏡学会の関東地方会に参加してきました。
ちょうど僕の師匠の一人である東邦大学大橋病院消化器内科の佐藤先生が座長で、大腸カメラの挿入法のセッションがありましたので、そちらに参加。
いろいろな施設のエキスパートの方が前に出てお話をされていたんですが、とりあえず分かったことは…
「僕の挿入法はトレンド通り」だな、ということ。
 
僕の挿入法は最近、どんどん入れる空気の量が減って、以前は苦労した難しい腸の患者さんでも割とすんなり、無~少ない苦痛で入れるようになってきました。
(もともと挿入時の送気量は少なくしていたんですが、さらに減りました。)
最近は「胃カメラよりは楽」という患者さんの方が圧倒的に多い状態です。
(もちろん例外の方もいらっしゃいます。)
 
「あぁ、どうもこれが正しい挿入法の在り方だな」と思っていたら、やっぱりほとんどの先生がそういう入れ方。
もちろん、細かいバリエーションはあるんですが、そこにこだわらなければ大差ないように思えます。
 
内視鏡の先端に透明フードという道具を付けるのも、もはや常識。
どの長さを使うかなどで、多少趣味の差が出るのみ。
 
挿入法の理想については、もはや結論は出ているように思えます。
あとはそのスキルをどれだけ身につけられるか、という話。
数をこなせばできるようになる、というわけでもないのが難しいところ。
 
そのうち、腎臓のデータベースの仕事で大学病院に行ったときなど、やる気のある後輩にはちょっとレクチャーしたいなと思っています。
患者さんたちの苦痛が少しでも減るといいですね。
 
 

大腸カメラ検診なら東京健康診断センター
投稿者 医療法人社団 創友会 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
内視鏡日誌 2011.05.31 当院の内視鏡洗浄
交換時期の過ぎた消毒液を誤って使っていた病院が報道されていました。
また、かつて一部の病院で、きちんとした洗浄をせずに内視鏡検査が行われていたらしい、ということも耳にします。(今はないと信じたい…。)
 
当院では一回の内視鏡検査ごとに、丁寧に手洗い等をした上で、カイゲン社のCLEAN TOP WM-Sという消化器内視鏡専用の洗浄消毒器を使用しております。
投稿者 医療法人社団 創友会 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
健康診断日誌 2011.05.22 食道バレット上皮(バレット食道)

食道バレット上皮(バレット食道)は、逆流性食道炎(胃酸が食道に上がって粘膜を障害した状態)の痕です。
胃酸に弱い食道の粘膜が、本来の粘膜(扁平上皮)から胃と同じ粘膜(円柱上皮)に置き換わった状態です。
この食道バレット上皮(バレット食道)、実は食道がんのリスク。
ですから、まずは生活療法(必要に応じて薬物療法)で逆流性食道炎を悪化させないこと、そして毎年胃カメラでがんが出てきていないかどうかをチェックすることが大事なんです。

 
健康診断・人間ドックなら渋谷駅前の東京健康診断センター。大腸カメラも施行可能。
投稿者 医療法人社団 創友会 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
健康診断日誌 2011.04.12 ボランティアの前に破傷風ワクチン
被災地のボランティアの方が破傷風に感染されたそうです。
破傷風は、一度発症してしまうと命を落としてしまうこともある怖い病気。
土やさびたクギなどに多くいる病原体で、瓦礫を扱えば必ず破傷風に感染するリスクが出てきます。
 
定期予防接種(DPT、DT)でちゃんと破傷風ワクチンを打っている方でも、10年ほどで免疫がなくなってしまうので、前回の破傷風ワクチンから10年以上経っている方は追加接種が必要と考えられます。
逆に、定期接種が済んでいて、前回の接種から20年以内であれば、1回の追加接種ですぐに破傷風に対する免疫が復活します。
(これを「ブースター効果」といいます。)
 
破傷風ワクチンを一度も打ったことがない方は、1回ワクチンを接種しても、十分な免疫が得られないため、3回接種する必要があります。
 
破傷風ワクチン(正確には「沈降破傷風トキソイド」といいます)の接種をご希望される方は、お電話にて当院にお問い合わせください。
(電話番号:03-3400-3288)
2011年4月12日の時点で在庫は確保してありますが、在庫がなくなっている可能性がありますので、ご注意ください。
 
料金は保険が適応できず、¥1,980(平成26年4月より¥2,000)となります。
(怪我をされた場合は保険適応になります。)
 
健康診断・人間ドックの時に、一緒に打ってしまうこともできます。
(事前の申し込みが必要です。)
 
健康診断 人間ドックなら東京健康診断センター
投稿者 医療法人社団 創友会 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)