東京・渋谷の健康診断|ヒラハタクリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

健康診断日誌 2014.4.18 尿蛋白陽性

尿蛋白は腎炎・腎障害や泌尿器疾患(膀胱炎、前立腺炎、腫瘍など)で陽性になりますが、強い運動や風邪、発熱、入浴、蛋白質の過剰摂取、膣分泌物の混入などでも陽性になってしまうことがあります。
一般に(1+)程度ではあまり問題になることはありませんが、再検査で(2+)(3+)などに上がってくる場合には腎臓内科(場合によっては泌尿器科)へのご紹介を考慮します。
また、尿潜血を伴っている場合にも注意が必要です。

投稿者 医療法人社団 創友会 (22:37) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :